【財務会計】キャッシュフローと運転資本の関係

財務・会計

初学者が営業CFの計算でミスりがちなのが、運転資本の増減についてです。今回は、キャッシュフローを計算するときの運転資本の扱いについてまとめます。

営業CFの計算式

まず、おさらいとして営業CFの計算式を確認してみましょう。

営業CF=税引後利益+減価償却費−運転資本増減額

営業利益×(1−税率)+減価償却費−運転資本増減額

このようになります。結構すっきりしていますが、運転資本増減額としてまとめられた部分を確認していきましょう。

運転資本とは

基本的に在庫(棚卸資産)、売上債権、仕入債務などを指します。

簡単な計算式は、「運転資本=(棚卸資産+売上債権)−仕入債務」であり、毎年増減があります。

売上が一定ということはないですし、外部要因の変化で結構変わるのはイメージできますよね。

キャッシュフローで運転資本を考えるときの注意点

運転資本増減額は資産や負債の増減のことです。在庫が増えた、減ったというイメージで考えてみるとわかりやすいです。

在庫が増えると資産が増えますよね。ただし、この在庫は売れた時に初めて現金になります。つまり、在庫が増えるということは、現金化を待っている資産が増えるということであるため、会社が持っている現金(=キャッシュ)は実質的にマイナスになります。そのため、営業CFではマイナスになります。

これと同様に、売上債権(=商品を売ったけど、代金が未回収の状態)が増えれば、実質的に社内の現金が減っているので、CFはマイナスです。

反対に、仕入債務(=材料を買ったけど、お金をまだ払っていない状態)が増えれば、社内の現金は材料を買った分がプラスになっているので、CFはプラスです。

上記の計算を組み合わせると、「運転資本=(棚卸資産+売上債権)−仕入債務」となります。

この計算式から、運転資本が増えた(棚卸資産+売上債権>仕入債務)とき、資産は増えているが現金は減っています。よってCFはマイナスです。反対に運転資本が減った(棚卸資産+売上債権<仕入債務)とき、負債が増えているが現金は減っていません。よってCFはプラスです。

まとめ

運転資本増減額は若干ややこしいですが、キャッシュフローが現金の出入りについてまとめた計算書であることを考えれば、意外とシンプルです。

何回か計算問題を解けば自然と身につくはずなので、難しいと思わずに挑戦してみてください。

中小企業診断士試験にオススメのテキスト

僕のオススメはこれです。

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書

学習範囲の広い中小企業診断士試験において、テキストに求めるべきは

  • 網羅性(学習範囲が偏っていないか)
  • 視認性(ぱっと見のわかりやすさ)
  • 効率性(勉強したい時にすぐできるか)

この3つが非常に重要です。

その中でも、個人的には網羅性が特に重要だと思います。

一次試験はマークシート方式。ということは……

中小企業診断士試験の一次試験はマークシート方式です。つまり、頭の片隅にでも知識があれば、選択肢が呼水となって正しい答えを導き出せる可能性が高くなります。

マークシート問題において、正当の導き方は3つあります。

1つ目は、正しい答えをダイレクトに求めること。これは、答えを明確に知っている、もしくは答えの導き出し方がわかっている状態で可能です。本来はこの解答方法で全てに答えるべきなのですが、学習範囲が広ければ当然抜け漏れが発生します。どんなに勉強したって完璧にはできません。

2つ目は、消去法で解答を導き出すこと。選択肢のうち正しくないものを消していき、残った1つが答えになるというパターンです。この方法は選択肢ありきの解答手法ですので、完璧な力が身についているという訳ではありません。二次試験では苦しむ可能性が高いので、注意が必要です。

3つ目は、勘で解答すること。これはほとんど運任せの手法なので基本的にはオススメしません。ただし、せっかくの選択肢ですから、時間切れになるくらいならどの番号でも必ず塗りつぶしておきましょう。当たればラッキーだと思えば大丈夫です。

これらの解答方法を考えると、テキストの網羅性は非常に重要であるとご理解いただけるのではないでしょうか?頭の片隅にでも知識として残っていれば、消去法に役立ちます。勘で解答するにしても、確実に違うとわかる選択肢があれば、正解する確率は上がります。

やる気の出ない時でも適当にパラパラと眺めるだけで一定の効果があるテキストだと、意外と効果があったりするんです。こうした点から、上記のテキストをオススメしています。

【みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書】のここがいい!

フルカラーで見やすい

まず、非常に視認性が高いテキストになっています。中小企業診断士試験のテキストは文字の羅列になっているものも結構多いです。これは、論点が多く図解するのが難しいというのも理由の1つです。しかし、本書では可能な限りわかりやすく図解されており、馴染みのない分野でもイメージで覚えやすい作りになっています。

イメージできるってすごく大事なんですよよ。試験では7科目が問われるわけですが、例えば仕事で会計をやっている人も工場の生産方法について学ばなければいけないのです。全くの畑違いの分野だと、文字だけで書かれていてもイメージできないんですよね。そのため、フルカラーで図解が多いテキストはとても便利です。

科目別に分冊できる

中小企業診断士試験は7科目あり、どれも学習範囲が広いです。つまり、テキストもそれだけ分厚くなるということ。

持ち運びで苦労するのは非常にもったいないです。かといって、電子書籍にすると書き込みが不自由だったりして扱いにくいのも事実。本書は科目ごとに分冊して持ち歩くことで、その日に学習するテキストだけを持ち運ぶことができ、負担が軽くなります。

暗記用の赤シート付き

学生時代から暗記といえば赤シートという人も多いと思います。

特に中小企業診断士試験は暗記科目がとても多いです。スキマ時間を有効活用して暗記科目をこなしていかないと、結構厳しい戦いになります。

暗記科目のコツは、ほんの少しでもいいから毎日触れることです。電車移動や寝る前にささっと確認するだけでもいいです。毎日触れることで、その科目で何を学習したのかを忘れにくくなります。

側注が充実している

僕が重視している網羅性に関する部分です。本書では重要な論点を図解でわかりやすく説明しているほか、試験に出る可能性はあるけどそこまで重要な論点ではない部分を側注で書いてくれています。また、改訂版では最新の試験の出題傾向に合わせて側注を追記しているので、学習で重視すべきポイントがわかるようになっています。隅々まで読み込めば、きっと役に立ちます。

上下巻あるので、ぜひ学習のおともにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました