【大学生必見】ほぼ全ての支払いをエポスカードで済ませていたら、エポスゴールドカードのインビテーションが来ました!

その他

先日、エポスカードの更新をしなくてはいけないと気づき、エポスネットという公式のサイトにログインしたところ、ゴールドカードへのインビテーションが来ていました。

今回は、インビテーションの基準について、実際のカードの使用方法や履歴から考えてみたいと思います。また、初めてのクレジットカードを作るならエポスカードがお得だよ〜ということもお伝えできればと思います。

エポスカードの新規登録は以下のリンクからどうぞ!

エポスカード

エポスゴールドカードについて

まず、エポスゴールドカードの基本情報についてです。

入手方法は2種類ある

ゴールドカードは、「自分で申し込み」「インビテーションで申し込み」の2種類があります。

サービスの内容は両者で変わることはありません。が、お得度は違います。

自分で申し込むのとインビテーションで申し込む違いは?

年会費が永年無料になる

インビテーションで申し込むと、通常年会費が5,000円のところを「永年無料」で契約できます

自分で申し込んだ場合は初年度は5,000円が必ずかかります。年間で50万円以上利用すると、翌年度から永年無料になるそうです。

とはいえ、年間50万円ということは、1ヶ月あたりで約41,700円くらいずつ利用しないといけません。新卒くらいの若手だとなかなか厳しい額ですよね。

何がすごいか

エポスゴールドカードの何がすごいかは、以下の通常エポスカードとの比較テーブルを見てください。

引用:エポスゴールドカードHP

個人的にゴールドカードでめっちゃ助かること

上記のテーブルに関連して、個人的にめっちゃいいじゃん!と思ったサービスをピックアップしました。

よく使うコンビニを選んでポイントアップができる

ゴールドカードでは、よく利用するショップを3つ選んでポイントアップをすることができます。僕はセブンイレブン、ファミリーマート、東京都水道局を選んでいます。公共料金の支払いにも多数対応しており、特に首都圏に住んでいる方はだいたいの業者がポイントアップの対象です。毎月3,000円程度を支払っているので結構お得かなと思います。

コンビニも1回500円程度ですが、毎日利用するので月15,000円、年間で約18万円を出費していることを考えるとかなりお得かなと思いますね。

空港ラウンジが無料で利用できる

これが僕にとっては非常に助かるサービスです。だいたいのカード会社のサービスに、ゴールドカード以上で利用できる空港ラウンジがあるのですが、若いうちってゴールドカードを所有することがなかなか難しいので利用できないんですよね。僕は仕事や趣味で国内の空港を利用することが多いので、電源を確保できてゆっくり仕事ができるラウンジがずっと羨ましかったのです。笑

利用できる空港についてはこちらからご確認ください。

海外Wi-Fiレンタルがお得になる

これもありがたいですね。僕はFXとかもやっているので、海外でも常にネット環境がないと落ち着きません。また、普通に仕事で海外渡航する際にも個人でレンタルするので結構費用が気になっていました。

ゴールドカードの優待では、通常時25%OFFで、サマープロモーション優待で40%OFFとなっています。めちゃくちゃありがたいです。

ここまでで気になった方は以下のリンクからどうぞ!

エポスカード

インビテーションの基準について

2019年7月現在、インビテーションの基準については公開されていません。そのため、あくまでも僕の個人的なカード利用履歴などから考えたいと思います。

僕のカードの使用履歴について

僕は2014年10月(大学1年生秋)からエポスカードを利用し始め、2019年6月(社会人2年目夏)まで平均して月34,000円ずつ使用してきました

けっこう使ってるじゃんか!と思う方もいらっしゃると思いますが、僕は意識して使っていたので多めになっていると思います。

どんな意識で使っていたのか、主なポイントを以下にまとめてみました。

飲み会の幹事を引き受け、カードで支払う

みんなから現金で徴収して、僕がカードで一括で払うパターンです。これは結果的にカードの利用に拍車をかけたわけですが、あまり現金を持ち合わせておらず、毎回カードでしか払えなかったというのが実情です。笑

友達との旅行では自分のエポスETCカードを使う

エポスのETCカードは申し込めば無料で作れるのですが、これがけっこう便利でした。大学生だと友達や彼女とドライブに行くことも多いでしょうし、レンタカーを借りるときにETCカードをレンタルできるとは限りません。1枚持っていればヒーローになれますし、必ず自分のカードで支払うことになるのでカード利用額が多くなります。

買い物はどんなに少額でも基本カード払い

これはけっこう意識していたことで、僕は基本的にコンビニでも全部カードで支払っています。少額だから現金で支払った方がいいという変な意見もありますが、現金で払ってもポイントはつかないし、お釣りの小銭はかさばるし重たいですよね。一方、カードで払えばポイントもついてお釣りも出ません。どっちがお得かは火を見るより明らかです。

「現金の方が安心」という人は、人間の恒常性に囚われすぎです。使いすぎるのが心配という人もいますが、僕は逆に現金を持っていないので、常に「あまり使いすぎないようにしないと」という意識が働きます。結果的に使用額を抑えることに繋がっていますね。

また、先ほどの月額34,000円という額ですが、水道光熱費や食費、交際費のほとんど全てを合計した額です。こう考えるとそこまで多くはないと思いませんか?

公共料金もカードで払う

上で少し触れましたが、基本的にカードで払える公共料金は全てカードで支払っています。毎月合計で1万円近く払っているので、けっこう大きいですよね。

また、わざわざコンビニや銀行に払いに行く手間が省けるのも便利です。

エポスカード で払うお得さが伝わってきましたか?

インビテーションの基準は「継続性」と「安定性」?

ここまで僕のカード使用歴を振り返ってみて、食費や水道光熱費といった「毎月絶対にかかるもの」をほぼ全てエポスカード経由で支払っていることがわかりましたね。

これに加えて飲み会代などもカードで支払っているため、年間で40万円くらいは安定して利用してきたということになります。

年間でこのくらい使っていれば、エポスカード側も「安定した良顧客だな」という判断になるはずです。

まあ、おそらくもう少し利用額を抑えても大丈夫な気はします。大学生のうちにはインビテーションはきませんでしたが、社会人になってすぐにきていることから、「収入が安定していること」も重要なのかもしれません。

エポスネットの登録情報欄には「おつとめ先」を記入する欄もあるので、新卒で入社したら早めに埋めておいた方がいいかもしれませんね。

大学生のうちにエポスカードを作っておくとめっちゃお得

ここまでお読みいただけば、「とりあえずエポスカードを持っておくか」という気持ちにはなってもらえたと思います。普通のエポスカードは無料で作れますし、大学生には非常にお得なカードだと思います。

あとは何でもかんでもクレカで支払うクセをつけた方がいいと思います。現金で支払うこと自体がコストだということは、意識しておきましょう。ここら辺は親の言うことを聞くべきではありません。よっぽどバカでない限り、使いすぎることなんてありませんから。

現金じゃないと不安な人のための「絶対に無駄遣いしない思考法」

どうしても心配!という方のために、絶対に無駄遣いしない方法を紹介しましょう。けっこう簡単です。

  1. 毎月の確定収入額を計算する
  2. 家賃やジムの会費、貯金など、毎月の固定費を計算する
  3. 収入額ー固定費で、月に使用できる額を算出する
  4. その額を30で割る
  5. 1日でその額を超えないように気をつけて生活する
  6. 超えた場合は超えた額を残りの日数で割り、あらかじめ1日に使用できる額から引く

これさえ意識すれば、1日でいくらまで使えるのかを意識して暮らすのはけっこう簡単です。

例えば僕の場合、大学時代は月5万円の奨学金と9万円のバイト代で合計14万円の固定収入がありました。そこから家賃60,000円、水道光熱費約10,000円、ジムの会費8,000円、貯金20,000円の合計98,000円を固定費として、残りの42,000円を30で割った1,400円で1日をやりくりすると決めていました。

基本的に飯代くらいしかかからないので、朝:昼:晩=1:2:3の比率で割って、朝230円、昼460円、夜690円を目安にご飯を選んで食べていました。

まあ、朝飯は基本的に食べないので昼500円、夜900円くらいがデフォルトだった気もしますが笑

先輩におごってもらったり、兄が遊びに来ておごってくれたりで食費が浮くこともありましたし、収支は基本的にプラスでしたね。

こんな感じで最初に使用できる額を細分化しておくと、あとは「1日1,400円まで」だけ意識していれば無駄遣いはしないで済みます。

是非みなさんもやってみてくださいね。

なんでもかんでもカードで払え!という理由

そもそも、カード決済の手数料は基本的に店が負担しており、利用者の負担はゼロです。

もし、「カード払いは手数料をいただいております」という飲食店があれば、抗議してしまいましょう。カード会社と加盟店の契約の中で、商品を販売する際に別途手数料を求めることは認められていません。そのため、加盟店の違法行為にあたります。最悪の場合は加盟店取り消し処分になり、客の流入に大打撃を与えるため、大体は手数料分は返金してもらえるはずです。

以上の通り、利用者の負担はゼロが原則なので、少額の支払いでも全部カード払いでポイントをつけてもらった方がお得になります。

ただし、「分割払い」は手数料負担が発生します。基本的には全部一括で払った方がお得です。お金が足りないのであれば仕方ありませんが、そういう時は利息ゼロで貸してくれる親のスネをかじった方が楽ですね。笑

まとめ

今回はエポスゴールドカードのインビテーションについて僕の事例を元にお話ししました。

ゴールドカードになるのはそこそこ時間も必要です。なので、大学生が最初に持つならエポスカードが一番いいと思います。

ゴールドカードのメリットはけっこう強いです。空港ラウンジを無料で使えるって、リッチな感じがしますよね。ぜひ皆さんもカードを使い倒して、ゴールドカードを目指してみてはいかがでしょうか?

エポスカードのお申し込みはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました